院長紹介

めばえ整体院院長 近藤功

氏名:近藤功
資格:柔道整復師(国家資格)

受講セミナー
・仙腸関節調整(吉岡メソッド)
・ガンステッドテクニック
・トムソンテクニック
・モーションパルペーション
・ダイレクトテクニック
・アプライドキネシオロジー(AK)

 

【ご挨拶】
はじめまして、院長の近藤功と申します。
本日は当整体院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

初めて行く整体院、「どんな人が施術をおこなっているのだろう」不安に思われる方も多いと思います。簡単ではありますが、私の開院までの経歴などを書かせていただきます。

1983年6月15日、新潟県加茂市に生まれた私は、幼い頃からスポーツをする事が大好きでした。高校卒業までに柔道・水泳・サッカー・ミニバス・陸上・ボクシングなど様々なスポーツを経験しました。
おとなしい性格ではなかったため、スポーツ以外のケガも沢山し骨折も2度経験しました。

ケガをした際には近所の整骨院にお世話になりましたし、親戚が整骨院を開院していましたので、柔道整復師という職業が身近ではありました。
高校時代、卒業後の進路に迷っている私に両親が勧めてくれたのが、スポーツとの関わりも深い柔道整復師の専門学校でした。

当時、新潟に柔道整復師の専門学校は無かった為、宮城県の専門学校に入学。新潟を離れるのは本意ではありませんでしたので、卒業したら新潟に戻り働こうと考えていました。
平成17年、専門学校を卒業し国家試験には合格しましたが、肝心の就職先を新潟では見つけられず、再び宮城に戻り先輩に紹介してもらった整形外科に就職しました。

整形外科ではリハビリ室で働き、レントゲンの見方や医師の診察を間近で見ることもでき貴重な経験をさせてもらいました。

一年後、整骨院での経験を積むため整形外科を退職。母校で紹介された仙台市のえちご鍼灸整骨院に就職をしました。
えちご鍼灸整骨院で、はじめてカイロプラクティックという手技療法を知りました。仙台市内に本院と分院があり、私は分院長のもとで働きました。
施術家としての自覚や、この仕事の魅力を知れたのも素晴らしい院長やスタッフのいる整骨院で働けたからだと思っています。

整骨院で働きはじめ少しした頃、初めて東京でのカイロプラクティックセミナーに参加させてもらいました。
セミナーでは講師の施術映像なども流され「自分も、この様な施術がしたい」と憧れを感じたのを今でも覚えています。
それからは夜遅くまでスタッフ同士で練習をしたり、休日は東京までセミナーに通いました。

その後、分院長が独立する際に誘っていただき、泉中央整骨院でお世話になりました。約1年お世話になり、整骨院の新規開院からの貴重な経験も積むことが出来ました。
平成22年、妻の出産を機に新潟に戻り、亀田駅前に「こんどう接骨院」を開院。
平成26年、現住所に移転し名称も「めばえ整骨院」と致しました。

平成29年に保険施術を廃止、完全予約制の「めばえ整体院」となり現在に至ります。
完全予約制の整体院としたことで、より一人一人の患者様に向き合った施術が出来るようになりました。
施術家になり約14年、肩こり・腰痛など様々な痛みにお悩みの方を施術させていただきました。
どこへ行っても良くならないとお悩みの方は、諦める前に当院にご相談ください。